葛西賀子の
エネルギー・クロストーク

第7回 環境ジャーナリストが見るエネルギーの今 その1

2017年1月30日 配信

写真:石井孝明氏

ゲスト: 石井孝明(イシイ タカアキ) 氏

経済・環境ジャーナリスト

<プロフィール>
慶應義塾大学経済学部卒業。
時事通信社記者、フィナンシャルジャパン副編集長などを経て、現在はフリーランスの経済・環境ジャーナリストとして、地球温暖化・環境・経済問題についての執筆活動をしている。アゴラ研究所の運営するエネルギー情報サイト「GEPR」の編集者、またメディアへの寄稿などおいて、エネルギー問題をはじめ、多方面のジャンルについて積極的に自分の意見を発信中。





・福島原発事故当時の政府対応やマスコミ報道の実情について。

・原発事故後、混乱を招いた原因とは?

・原発事故から6年が経とうとしている福島の現状と現在のマスコミ報道について。

・現地取材をしたチェルノブイリ原発事故と福島原発事故との比較。

・誰でもメディアの時代、ネット配信するために物事を誇張することや正確ではない情報を拡散することの危険性について。

・感情にとらわれず冷静に事実を認識すること、正確な情報を共有することの重要性。



第8回 環境ジャーナリストが見るエネルギーの今 その2

2017年2月3日 配信

写真:石井孝明氏

ゲスト: 石井孝明(イシイ タカアキ) 氏

経済・環境ジャーナリスト





・石井さんから見た電力業界と一般の人がイメージしている電力業界との違いについて。

・原発が止まっていることによって、この5年間で12兆円以上が産油国に流れている現実について。

・一般家庭の比ではない企業の電気料金負担と、高額な電気料金に圧迫される中小企業の現状。

・エネルギー事情に対する無理解によってもたらされる弊害とは?

・電力会社、政府、国民、すべての人が冷静に議論して「エネルギーの未来を真剣に考える」ことの重要性について。



HOMEへ戻る