葛西賀子の
エネルギー・クロストーク

第11回 エネルギーの地政学・世界から日本を眺めてみて。経済評論家の視点 その1

2017年2月20日 配信

写真:上念司氏

ゲスト: 上念司(ジョウネン ツカサ) 氏

経済評論家

<プロフィール>
東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は日本最古の弁論部の辞達学会に所属。
日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より、経済評論家の勝間和代氏と株式会社監査と分析を設立。
2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一名誉教授に師事。現在はコンテンツ配信会社、格闘技ジムの経営をする傍ら、経済評論家として主に金融政策・財政政策・外交政策等のリサーチを行っている。
また、文化放送ラジオ『おはよう寺ちゃん活動中』、日本放送ラジオ『ザ・ボイス そこまで言うか』、TOKYO MX『ニュース女子』などのコメンテーターとして活躍している他、2013年12月よりオピニオンサイト「八重洲・イブニング・ラボ」の主任研究員として経済に関する講演活動も行っている。
『地方は消滅しない!』(宝島社)、『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』(講談社+α新書)、『経済で読み解く織田信長』(KKベストセラーズ)、『経済用語 悪魔の辞典 ニュースに惑わされる前に論破しておきたい55の言葉』(イースト・プレス)、『高学歴社員が組織を滅ぼす』(PHP研究所)など著書多数。





・現在の世界と日本の経済状況について。

・今、日本の資産と債務はどうなっているのか?

・未来・将来へ投資をすることのメリットについて。

・アベノミクスの総括と評価。

・消費税の増税問題について。

・地政学とは?

・エネルギー政策を考える時に一番大事なこととは?

・高速増殖炉もんじゅの廃炉について。

・高速増殖炉技術について考えるべきこと。

・化石燃料と地球温暖化問題について。

・原子燃料サイクルについて。



第12回 エネルギーの地政学・世界から日本を眺めてみて。経済評論家の視点 その2

2017年2月24日 配信

写真:上念司氏

ゲスト: 上念司(ジョウネン ツカサ) 氏

経済評論家





・太陽光、風力、地熱、バイオマスなど、新エネルギーの現状について。

・原発ゼロを掲げたドイツの現状は?

・化石燃料とCO2問題について。

・アメリカやロシアのエネルギー政策について。

・中国の成長やドルの価値によって変動する石油の価値について。

・経済における「お金」と「モノ」のあり方とは?

・原子力発電の再稼働と再生可能エネルギーの研究費について。

・エネルギー源を分散させることの必要性について。



HOMEへ戻る