葛西賀子の
エネルギー・クロストーク

第19回 軍事ジャーナリスト・潮匡人氏に聞く その1

2017年6月7日 配信

写真:潮匡人氏

ゲスト: 潮 匡人(ウシオ マサト) 氏

軍事ジャーナリスト

<プロフィール>
日本の軍事学者、ジャーナリスト。青森県八戸市生まれ。
早稲田大学大学院法学研究科博士前期課程修了。早稲田大学法学部卒業後、航空自衛隊に入隊。 第304飛行隊、航空総隊司令部、長官官房勤務等を経て三等空佐で退官。
その後、聖学院大学専任講師、防衛庁広報誌編集長、帝京大学准教授、拓殖大学客員教授等を歴任。
現在、アゴラ研究所フェロー、東海大学海洋学部非常勤講師(海洋安全保障論)、公益財団法人国家基本問題研究所客員研究員、NPO法人岡崎研究所特別研究員、民間憲法臨調代表委員。
近著に『安全保障は感情で動く』(文春新書)がある。
テレビ朝日「朝まで生テレビ」「たけしのTVタックル」など、各局報道番組に出演する。
産経新聞のコラム「断」、月刊「正論」など多数連載中。


① 昨今の北朝鮮をめぐる米中露の動きをどう見るか

・北朝鮮の狙いと、それを取り巻く米中露の動きは?

・北朝鮮の動きに対する米国のレッドラインはあるのか?

・北朝鮮との平和的解決は見い出せるのか?

・日本としての役割はあるのか?


② トランプ氏、過去の米大統領と比べ安全保障面での評価

・もし共和党トランプ政権ではなく民主党政権だったら北朝鮮問題はどう変わっていたか?

・北朝鮮に対するトランプ氏の対応方針は一貫しているか?

・トランプ政権になってからの日米安全保障条約と日米同盟について

・極東の安全保障を今後高めていくには?

・現時点でのトランプ氏の安全保障面における評価は?



第20回 軍事ジャーナリスト・潮匡人氏に聞く その2

2017年6月21日 配信

写真:潮匡人氏

ゲスト: 潮 匡人(ウシオ マサト) 氏

軍事ジャーナリスト


① 安全保障におけるエネルギーとの関係

・日本のエネルギー政策をどう見ているか?

・エネルギーの90%以上を海外に頼っている日本のライフライン防衛の現状は?

・中国が進出している南沙諸島、西沙諸島、南シナ海の現状は?

・朝鮮半島の危機が高まっている中、非核三原則についてどう考えるか?

・軍事、外交、安全保障の観点から見たエネルギー問題とは?


② 安全保障は感情で動く?

・潮氏の著書「安全保障は感情で動く」の概説について

・最近流行の「地政学」について潮氏が思うこと

・2016年の平和安全法制議論、そして集団的自衛権の行使について

・安全保障問題等に関するメディア報道に対し思うことは?

・安全保障問題について今後日本が考えなければならないことは何か?

HOMEへ戻る