葛西賀子の
エネルギー・クロストーク

第21回 住空間の快適性と省エネを目指して その1

2017年7月12日 配信

写真:柳原隆司氏

ゲスト: 柳原 隆司(ヤナギハラ リュウジ) 氏

東京電機大学未来科学部建築学科 特任教授

<プロフィール>
東京電機大学 未来科学部建築学科 特任教授(工学博士)
1977年、東京大学工学部建築学科卒。
1996年、「蓄熱式空調システムにおける運転制御の適正化に関する研究」により東京大学において博士号(工学)取得。
1999年、東京理科大学、東京大学、慶應義塾大学において非常勤講師を歴任。2008年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 新領域創成科学研究科特任教授に就任。2012年、株式会社エイ.アンド.エス.システムの技術顧問に就任。2013年、現職。

【主な著作】
「氷蓄熱空調システム 総合技術資料」(共著/1995.3)
「低温送風空調システム導入マニュアル」(共著/2003.12)(社)空気調和・衛生工学会
「建築設計資料集成 地域・都市Ⅱ」(共著/2004.3)日本建築学会編 丸善
「ヒートポンプが分かる本」(共著/2005.10)(社)日本冷凍空調学会
「蓄熱式空調システム 計画と設計」(共著/2006.7)(社)空気調和・衛生工学会
「設計者のためのヒートポンプ空調・給湯システムの実務知識(共著/2010.5)オーム社
「エコ住宅・エコ建築の考え方・進め方」(共著/2012.4)オーム社


① エネルギーの需給状況・電気の使用状況は?

・省エネ最先端のシステムを盛り込んだ東京電機大学の紹介

・戦後から現在まで、エネルギー使用量の変遷について

・各国の電力使用料と一人あたりの電力使用量について

・世界的にみた、日本の省エネ対応策についての評価

・なぜ西日本と東日本の周波数は違うのか?

・日本のインバーター技術について

・CO2削減という観点からみた電気、ガス、石油について


② 省エネの取り組み変遷(日本と世界)、この夏の需給状況は?

・日本の発電効率はどのくらいか?

・家庭用機器、業務用機器の効率向上について

・トップランナー方式とは?

・電力会社がアピールする「負荷平準化」とは?

・柳原先生の専門である業務用の省エネについて

・猛暑・酷暑が予想される今夏の電力供給は大丈夫なのか?



第22回 住空間の快適性と省エネを目指して その2

2017年7月26日 配信

写真:柳原隆司氏

ゲスト: 柳原 隆司(ヤナギハラ リュウジ) 氏

東京電機大学未来科学部建築学科 特任教授


① 省エネ機器の導入状況(業務・民生)、どれだけの効果が期待できる?

・業務用、産業用の設備は、過去に比べてどのくらいエネルギーの削減ができているのか?

・冷暖房や給湯は年間エネルギー消費の中のどれだけの比率を占めているか?

・産業、運輸、建築、各々のエネルギー消費と今後の対策について

・ゼロエネルギーハウス、ゼロエネルギービルディングとは?

・コンビニ、デパート、工場などの省エネについて

・2030年までに40%のエネルギー消費削減は可能か?


② 世界的な省エネルギーに向けての取り組みは?

・日本と海外のスマートメーター普及率は?

・スマートグリッドについて

・海外の省エネシステム、省エネ対策について

・3R(リデュース、リユース、リサイクル)について

・日本の省エネ技術の海外輸出について

・CO2排出権取引について

・省エネに対する柳原氏の思いは?

・良い環境を少ないエネルギーで実現するには?



HOMEへ戻る