葛西賀子の
エネルギー・クロストーク

ゲスト:大平 貴之 氏
(プラネタリウム・クリエーター、大平技研代表取締役)


<プロフィール>
1970年川崎生まれ。
小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、 大学3 年時に、個人製作は不可能と言われていたレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。ソニー(株)に就職後も製作を続け、 1998 年に従来の100 倍以上にあたる150 万個(完成形は170 万個)の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表。2004 年には日本科学未来館に設置した、「MEGASTAR-II cosmos」(投影星数560 万個) がギネスワールドレコーズに認定された。
2005年、(有)大平技研設立。ネスカフェ・ゴールドブレンドのTVCM に「違いを楽しむ人」として出演。国内外へのMEGASTAR 設置のほか、イベントプロデュースや音楽、アートとのコラボなどを積極的に行い、プラネタリウムの新機軸を確立。セガトイズと共同開発した世界初の光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」シリーズは世界累計115万台(2017年4 月時点)を超える大ヒット商品に。
2012年には全く新しい投影方式である「MEGASTAR-FUSION」を開発。
2016年、シリーズ初のパーソナルユース向け超小型「MEGASTAR CLASS」を発表。
文部科学大臣表彰科学技術賞、IPSテクノロジー&イノベーションアワード2018等受賞。
信条は、「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。

受賞歴:
日本大学優秀賞
川崎アゼリア輝賞
日本イノベーター大賞優秀賞(日経BP社)
BVLGARIブリリアント・ドリーム・アワード2006
文部科学大臣表彰科学技術賞
IPS(国際プラネタリウム協会)テクノロジー&イノベーションアワード2018

著書:
「プラネタリウム男」(講談社現代新書)
「プラネタリウムを作りました。~7畳間で生まれた410万の星、そしてその後」(エクスナレッジ)

監修:
「ツイッター宇宙講座」(ブックマン社)
「大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム」(学研)
「HOMESTAR Trinity BOOK ~3つの宙~」(宝島社)

技術提供:
家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」(セガトイズ)

公式HP:https://www.megastar.jp/

第53回 星に願いを込めた人生とは? その1

2018年12月5日 配信

写真:大平貴之氏

ゲスト: 大平 貴之(オオヒラ タカユキ) 氏

プラネタリウム・クリエーター、大平技研代表取締役


① プラネタリウム・クリエイターを目指した理由 (16:19)

・プラネタリウムに関わった時期やきっかけは?

・天体よりも投影機の方に興味を持った理由は?

・独立しようと思ったきっかけは?

・大平技研が開発している投影機のアピールポイントは?

・エネルギー問題に興味を持った理由は?


② エネルギー・原子力にもの申す その1 (15:23)

・原発推進と言い切る理由とは?

・福島原発事故と東電について思うことは?

・原子力問題を分かりやすく例えると?

・リスクコミュニケーションについて



第54回 星に願いを込めた人生とは? その2

2018年12月19日 配信

写真:大平貴之氏

ゲスト: 大平 貴之(オオヒラ タカユキ) 氏

プラネタリウム・クリエーター、大平技研代表取締役


① エネルギー・原子力にもの申す その2 (14:26)

・サイエンスコミュニケーションとは?

・今後のエネルギーの主役は?

・化石燃料、再生可能エネルギー、原子力について思うことは?

・現在の原子力発電についてどう思うか?


② これからの夢 (13:30)

・プラネタリウム・クリエイターとしての夢は?

・エネルギー問題を含めた人類の未来について

・広大な宇宙には知的生命体が存在するのか?

・フランスの核融合炉を見学して感じたことは?

・エネルギーに携わっている方々や目指している若者へのメッセージは?



HOMEへ戻る